整備工場に車を預けている時の出張査定

整備工場に車を預けている時の出張査定

車を売却する方々の事例は、非常に多彩です。中には、工場が関係しているケースもあるそうです。

 

例えば車の修理を依頼している事例ですね。どこかに車をぶつけてしまって、車が大きく損傷してしまったとしましょう。そのような時には、多くの方々は車を修理に出します。そして一旦車を整備工場に預けることになる訳です。

 

ところが人によっては、その車を「預け中」のタイミングで売却したいと思っている場合があります。つまり車自体は整備工場の内部にあるのですが、色々と考えた末に車の買取専門店に売却するといった事例ですね。意外と、その事例は多いのだそうです。

 

ところで専門店に車を売却するとなると、もちろん査定を行ってもらわなければなりません。しかし車は、整備工場の内部にあります。このような時には、整備工場内にて車査定を行ってもらう事はできるのでしょうか。

 

可能ではあります。現にそのような依頼を引き受けている車の買取専門店も、多数存在するそうです。当然のことながら、その査定方法は出張のみになります。買取専門店に車を持ち込むのは困難だからです。

 

ただしその場合は、車の整備工場に対して連絡はしておいた方が良いですね。なぜなら車の専門店の業者が突然工場に訪問に来ても、工場の従業員が驚いてしまう可能性が高いからです。工場からすると、顧客の車を預かっている訳です。顧客の許可なしに、買取専門店に車を見せるのは難しいと思います。
レガシィ 買取

 

このため工場内に車がある場合には、工場に対して出張査定の旨を伝えておいた方がスムーズです。「そちらに預けてある私の車を買取専門店に見てもらいたいので、業者がそちらに訪問する事は可能でしょうか」などの言い方で良いと思います。